専門学校へ行って保育士へ

保育士になるためには大学や短大、専門学校などの養成施設を卒業する方法と、国家資格に合格する方法があります。


どういった方法で保育士になるかは個人の自由ですが、例えば早く資格を取得して働きたいという場合や、昼間働きながら保育士資格を取得したいと考える場合は、専門学校へ通うことが便利です。

保育士の専門学校で快適な暮らしを実現しましょう。

大学に通った場合、保育士の資格取得までに4年かかりますが、専門学校や短大に通った場合は基本的に2年で資格を取得することができます。


中でも専門学校は、夜間に学べるコースもあります。

goo ニュースの情報サイトを利用して良かった。

この場合、昼間は保育園などで働きながら、夜に学校で授業を受けるというライフスタイルを選択することができ、高校を卒業した人のみならず、一度社会に出た人が夜間の学校に入学する場合もあるようです。

しかし、夜間の場合、昼間の授業と比べて時間が短いため、3年かけて卒業をする場合が多いようです。

このように昼間の通学と比べて、夜間に通学することで卒業時期が延びる可能性はありますが、お金を稼ぎながら学校へ通えることは一つのメリットでもあります。

また、夜間に通った場合、昼間に働ける保育園などを学校側から紹介してもらえることもあります。



そしてそこで働きつつ学校へ通い、卒業と同時に同じ職場へ就職するといったケースもあります。

そのため、専門学校へ通って保育士の資格を取得しようと考える人は、学校にどういったコースがあるのかなどを事前によく調べておくことをおすすめします。