保育士の専門学校でかかる学費

今は資格を取ったりすることで就職に有利になるようにする人も多いものです。

保育士の専門学校の特徴をご紹介するサイトです。

専門のジャンルに特化した形で自分自身に持っているものがあれば、それが強みになります。

毎日新聞情報を簡単に調べられます。

国家資格や免許状など、いろいろなスタイルで資格を取ることができるようになっています。

いろいろなジャンルがある中でも子供と接する仕事に就きたいという場合には、保育士や幼稚園教諭の資格を取ることができる大学や短大、専門学校などを検討していくことになるでしょう。


大学では4年間、短大では2年間になります。
専門学校では学校によっても内容が異なるために2年間、または3年間になります。

専門学校で2年間の場合では、保育士が取れても幼稚園教諭が取れないこともあります。
3年間では幼稚園教諭も取れるとこが多いので、両方の資格を取りたい時には3年制にするといいでしょう。



気になる学費ですが、一般的には2年制で200万円くらいが相場です。これは厚労大臣の指定保育士養成校の場合であって、併修校では250万円くらい、3年制では350万円くらいになります。それでも私立大学に4年間通うことを考えると専門学校の方が安いという考え方もあるので、できるだけ早く、そしてお金をかけずに資格取得を目指すのならこういった方法の方がいいといえましょう。自分の条件に合った学校を選ぶためにも、まずはどのようなところがあるのかということをよく調べて実際に見学に行くなどして決めていくといいでしょう。